キャデラック仙台中央/シボレー仙台中央


HOME > ブログ > 福島県いわき市 「勿来関を抜けた先の湘南へ」 × Cadillac XT5 / Vol.29 ①

スタッフブログ 記事詳細

[キャデラック]
[その他]
[東北めぐりブログ]

福島県いわき市 「勿来関を抜けた先の湘南へ」 × Cadillac XT5 / Vol.29 ①

2019年3月30日
セールスアシスタント
髙橋 真夏

皆様こんにちは。

いつも当店ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

キャデラック・シボレーの魅力を通じて、仙台・宮城、さらには東北の絶景・食・文化をお伝えさせていただくブログ、本日 Vol.29  でございます。是非ご覧下さいませ。

 

Vol.29 【 勿来関を抜けた先の湘南へ 】

 

 

今回 キャデラック XT5 を走らせたのは、福島県いわき市。

いわき市の名所や名物などをXT5と一緒に巡り、ご紹介していきます(^^)

 

東北道から磐越道へ、勿来ICで高速を降りいわき市へと到着!

高速道路を降り目に入ってきたのは、いわき市のイメージキャラクター「メピカリ」の絵(゜v゜)

メピカリに見つかって怒られないように、”交通安全” でいわき市巡りへといざ出発です~!

 

 

 

まず始めに向かったのは「勿来(なこそ)」。

勿来には、奥羽三古関の一つとして名高い関所『勿来の関』があります。

 

 

勿来関は、おなじみの歌人である、小野小町、西行法師なども和歌に詠まれた有名な古い関所です。

特に、平安時代の武将源義家の「吹く風を 勿来の関と 思えども 道もせに散る 山桜かな」と詠んだ和歌が勿来関の名を広く伝えたとされています。

近代では齋藤茂吉、角川源義などが勿来の関を文学作品に残しています。

 

そんな源義家の像が勿来の関にも建っていました。

 

勿来の関は、勿来関跡を始めとし「勿来の関公園」が広がっています。

“詩歌の小径” もあり、様々な人物が勿来の関にちなみ詠まれた歌を感じながら散策するのも楽しいかもしれませんね。

 

そして、一足早く桜も咲いていました(*^^*)!!!

源義家が詠んだ和歌を見たあとの桜。いつの時代も桜には人を魅了する力があるのだなぁと実感しました。

 

 

それでは次の目的地へと出発。

XT5 を走らせていると、なんと柚子の木を発見!!

東北地方で柚子の木を見かけるのは珍しく、先ほどもすでに満開近い桜を見かけましたが、暖かさを好む植物がこんなに元気なのには理由があり…実は福島県の中でもいわき市は特別な気候をもっているんです。

 

 

福島県は大きく 中通り・会津・浜通り の3つの地方に分けられます。

浜通り(いわき市)は福島県の東南端に位置し、南端は茨城県、東は太平洋に接しており、寒暖の差が比較的少なく「冬は温暖で夏は涼しい」という過ごしやすい穏やかな気候なんです。

雪をイメージする東北ですが、浜通りではほとんど雪は降りません。なので、中通り・会津では雪が積っていても浜通りでは雪が積るどころが降ってないこともよくあるそうですよ。

 

なるほど…あんなに綺麗に柚子が実っていたのも納得ですね!

この気候もあり、いわきは年間を通してスポーツを楽しむ方がたくさんいらっしゃいます。

そこで、一年を通して楽しむことができる「ゴルフ」のとっておきの場所をご紹介します!

 

▼小名浜オーシャンゴルフクラブ

 

 

太平洋を目の前に望む小名浜オーシャンホテルに広がるゴルフコース!

「東北の湘南」と呼ばれるリゾートで、海岸線まで伸びるコース、湘南のような太陽と潮風を感じながらゴルフを楽しめる、おすすめの場所。

 

ゴルフを堪能したあとは、オーシャンビューの天然温泉で体をまったり休める、そんな贅沢をここ小名浜オーシャンゴルフクラブで味わうことができますよ。

 

↓写真は、小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブHPより引用。上空から見下ろしたオーシャンホテル&ゴルフクラブ。

 

 

続いて訪れたのは、JR東日本 大人の休日倶楽部 のCM が印象に残る、福島県で唯一の国宝建造物へ。

 

▼白水阿弥陀堂

永歴元年(1160年)に岩城則道の菩提を弔うために、夫人の徳姫が発願、建立したと伝えられています。

白水阿弥陀堂の三方が池に囲まれるという浄土庭園も兼ね備えた、他に類を見ない御堂なのだそうです。

 

 

 

実はこの白水阿弥陀堂、あの有名な平泉の中尊寺金色堂と関わりがあるのだとか。

 

徳姫は、奥州平泉・藤原清衛の娘で、白水阿弥陀堂の「白水」という地名も、故郷である平泉の「泉」という文字を「白」と「水」に分けたのだという諸説があります。

こういった繋がりを発見できるのも楽しみの一つですね( ^^ )

 

堂内へも入ることができ、そこには阿弥陀三尊、持国・多聞天王 (共に国重要文化財)が安置されています。

 

 

極楽浄土を感じながら、園地を散策するのも素敵です。

亀がひなたぼっこしていたり、カモが気持ち良さそうに泳いでいたり、ほっこりとした気持ちになりました。

 

規模は大きくはありませんが、だからこそしっかりと「白水阿弥陀堂」を感じられ、極楽浄土が造り出す空気感を味わうことができました。

いわき市へ訪れた際は、唯一の国宝に足を運んでみて下さい。

 

 

 

いわき市に、”気軽にフレンチの魅力を楽しめる” レストランがあると聞きつけ本日のランチはそこでいただく事に。

XT5を走らせた場所は、「レストラン ぷらたなす」。

 

 

旬の食材を活かした美味しいフレンチ料理をもっと身近に感じてほしいという思いでオープンしたこちらのお店。

 

今回いただいたのは「けやきコース」。

●前菜の盛り合わせ●本日のスープ●鯛のポワレ バジルソース ラタトゥーユ添え●パン●イベリコ豚のベジョータ●デザートに紅茶のババロアにコーヒー のフレンチコースメニュー。

 

どの料理もこだわりが詰まった美味しさで、フレンチだけど気さくに楽しめるお店の雰囲気がまた良かったです。

 

 

 

小さな隠れ家のようなお店に、こんなに美味しい料理が隠されていたとは、自分だけのとっておきのお店を見つけたような嬉しい気持ちになりましたよ(*^^)

 

 

素適なお店に出会えたあとも引き続きいわき市の魅力をご紹介してまいります!

 

General Motors Japan Limited All Rights Reserved.