キャデラック仙台中央/シボレー仙台中央


HOME > ブログ > 岩手県『小岩井農場』『八幡平アスピーテライン』で森林浴ドライブを × CAMARO SS / Vol.32 ②

スタッフブログ 記事詳細

[シボレー]
[その他]
[東北めぐりブログ]

岩手県『小岩井農場』『八幡平アスピーテライン』で森林浴ドライブを × CAMARO SS / Vol.32 ②

2019年8月10日new
セールスアシスタント
髙橋 真夏

カマロSS との森林浴に選んだのは、岩手県と秋田県をまたぐ八幡平を横断する山岳ワインディングロード、『八幡平アスピーテライン』!!!

八幡平アスピーテラインは全長約30km。

まずは頂上を目指してカマロSSを走らせます!

 

 

 

しばらく走っていると、ゴォォォッという音と共に勢いよく白い煙(湯気)があがっている場所を発見!

近くでみるとすごい迫力でした。

ここは「松尾八幡平地熱発電所」で、2019年1月から本格稼働し、出力7000kWを超える地熱発電所の稼働は国内で約22年ぶりなのだそうです!

 

 

 

さらに走らせていくと、八幡平アスピーテラインの名所の一つ「源太岩」が現れました!

 

ゴツゴツと大きな岩が積み重なっている源太岩。

名前の由来は、坂上田村麻呂の部下で、偵察役の源太忠義、源太忠春 兄弟が敵の様子を探った場所であるとする伝説から付けられたと言われています。

 

源太岩展望台からは岩手県と秋田県との県境をなす八幡平の山々を望むことができます。

八幡平アスピーテの「アスピーテ」とは、楯を伏せたように山頂付近がなだらかになっている楯状火山を示しており、この山々を見るとなるほどなぁと思わされます。

 

 

 

高山地帯に入るとゆったりとしたカーブが続き、周りの木々の背も低くなってきました。

頂上が近づいてきた証拠です!

 

そして15分ほど走らせると、いよいよ「八幡平見返峠」へと到着です!

八幡平見返峠の標高は約1,541m!!!

 

 

八幡平見返峠からは、雄大な景色が広がっています!

遠くの山々から近くのアオモリトドマツまで大自然を感じることができる、まさに絶景です!

またまたここでも深呼吸(^-^)

 

 

 

そして、今の時期は見るとはできませんが、5月下旬から6月上旬にかけての限られた時期には「八幡平ドラゴンアイ」を見ることができます。

これは八幡平頂上付近にある鏡沼の雪解けの様子が、まるで竜の目の様に見えることから呼ばれています。

大自然が生み出した神秘的な現象を一度は見てみたいですね。

写真は八幡平市観光協会HPより。

 

 

八幡平山頂では、様々な花も咲いています。

ハチマンタイアザミ・ハクサンボウフウ・ヤマハハコの花を見つけることができましたよ♪

 

 

 

八幡平見返峠をあとにし、岩手県と秋田県の県境を越えた先には「日本一を誇る秘湯」があるとのこと…そこを目指しさらにカマロを走らせます!!!

 

再び走り始めると、空へと向かい伸びる道路。このまま走り続けたら本当に空へ行けちゃいそうな気がしてきます( ´艸`)

 

これだけ広々として開放的な道路を走らせていると、ついついカマロのエンジン音を楽しんでしまいます♪

10速オートマチック、直噴V型8気筒OHV VVT のエンジンを、空に向けて響かせているCAMARO SS もこの景勝道路での走りを楽しんでいるかのようです(^-^)

 

そして、ワインディングロードを走ると改めて感じさせられる、コーナリングの滑らかな走り心地!

ボディがぶれずに少しのハンドル操作に素直に反応して、すいすいっと俊敏にコーナーを抜けていくのは、運転していてとても気持ちが良いです(^^)b

 

そんなこんなで、カマロの走りを楽しんでいると目的地へ到着。

 

日本一を誇る秘湯、そこは秋田県仙北市焼山のふもとにある『玉川温泉』。

荒涼とした山のあちこちから湯煙が立ち上り、この空間だけが異世界のような雰囲気が漂っています。

 

玉川温泉は、1ヵ所から毎分9,000リットルという「日本一の湧出量」と、pH1.2と「日本一の強酸性」の温泉水(98℃)を誇る国内屈指の温泉なんです!

 

玉川温泉には「玉川温泉園地自然研究路」と呼ばれる散策路が整備されています。

その散策路のすぐ脇には源泉が流れ、噴気を間近で見ることができ、玉川温泉を直に感じることができます。

 

 

 

散策路を歩き始めると、立ち上がる湯煙と地熱の熱さがじわじわと襲ってきて外に居るのにサウナに入っているような感覚でした(;’∀’)

 

 

そしてここ一帯は地下のマグマにより地表が40~50度まで温められていて、「天然の岩盤浴」ができる事でも有名。

岩盤の上にゴザを敷いて寝転がり、地熱を体内に取り入れるのが玉川温泉での岩盤浴。

玉川温泉の地盤には微量のラジウム放射線が含まれており、多くの疾患・症状に対する改善や、治癒能力の向上が期待できるのだそう。

その評判が広がり、今や「癌や難病にも効く」とされ各県から毎日のように利用者が訪れるのだそうです。

 

 

こちらは「大噴」と呼ばれる源泉湧出口。

ボコボコと大きな音と、勢いよく立ち上がる湯煙に圧倒されてしまいます。

 

 

さらに歩き進むと、噴気孔エリアへ。

ここでは、水蒸気、硫化水素、二酸化イオウなどを含む火山性ガスが噴き出ている噴気孔が100ケ所以上もあるんです!!!

 

 

 

その噴気孔の周りは、キラキラとした綺麗な黄色い結晶になっています。

これはガスの中のイオウ分が固着しできるのだそう。

 

大自然の中で生まれた玉川温泉。

大地のエネルギーを存分に吸収できる、効能溢れる癒しの湯治宿へ足を運んでみてはいかがでしょうか(^^)

 

わたしも岩盤浴はしなかったものの、散策路を歩きながら湯煙をあびたので、なんだか気分がすっきりしたようなp(^-^)q

 

それでは玉川温泉を後にし、帰路へと向かいます。

帰路は今来た「アスピーテライン」を戻り、八幡平見返峠から「八幡平樹海ライン」「岩手山パノラマライン」と3つのドライブコースを走ります。

 

 

それぞれのドライブコースで、ワインディングロードの違い、車窓から見える景色の違い、道路の周りの木々の違いなどがあり、それぞれ異なる楽しみがあります♪

 

アスピーテライン中腹では、生い茂る木々の木漏れ日を浴びながら🌳

 

 

 

八幡平樹海ラインでは、岩手山の雄大な眺めをみながら🏔

 

 

岩手山パノラマラインでは、岩手山を横目にしながら走ることができるドライブコース。

中でも、このストレートを走り抜けるのは気持ちがよかったです♪

 

そして、真正面に岩手山!!!

東の盛岡側から見る姿は、富士山のように長い裾野を引く整った形で「表岩手」と呼ばれ、南の雫石町や北の八幡平市松尾方面から見ると、外輪山の連なりが凹凸をなし「裏岩手」と呼ばれ、見る角度によって様々な表情を見せる岩手山です。

 

 

 

今回訪れた「小岩井農場」は友人や家族と楽しめるおすすめの場所です。お盆の時期に足を運んでみてはいかがでしょうか。

併せて、カマロSSと走った八幡平の山岳ドライブコースを是非ドライブしてみて下さい♪

大自然を駆け抜けるダイナミックなドライブで、日頃の疲れやストレスを吹き飛ばし、体の中からリフレッシュ!しましょう(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

キャデラック仙台中央/シボレー仙台中央


営業時間: 10:00~19:00
定休日: 毎週火曜日
※火曜日が祝祭日の場合は営業いたします。
TEL: 022-342-5533
住所: 宮城県仙台市泉区長命ヶ丘3丁目32−2
ディーラー情報詳細をみる

 

General Motors Japan Limited All Rights Reserved.